tozen想//ツレヅレなるままに、その日暮し。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


可視化と数量化とAKB。(2)

【多売特典生写真無し】風は吹いている (Type-A)(数量限定生産盤)【多売特典生写真無し】風は吹いている (Type-A)(数量限定生産盤)
(2011/10/26)
AKB48

商品詳細を見る


それでは今回は「数量化」について述べていくことにします。
数量化とは詰まるところ、総選挙による順位付けのことです。
何だそれだけか、という方もいらっしゃるでしょう。
でも、実際はこれがAKBというシステムのキモになります。

総選挙に参加するためにはCDに同封されている投票券が必要になります。
CDつき投票券と揶揄されていますが、これは非常に優れたシステムです。

まず、CDを買った分だけ、推しメンと呼ばれている自分の好きなメンバーを
応援することができます。

つまりそれはこういうことです。

今まではライブで大声を上げるか、ファンレター、もしくはプレゼントという形でしか
表すことのできなかった「応援する」量、つまりはそのメンバーに対する愛情を、
数量化して表現することができます。
非常に表現は悪いですが、お金を使った分だけ、貢献度というものが積み重ねることができる、
というわけです。

さらに、これはAKBのメンバーにとっても、メリットのある話となります。

これまで、敢えて優劣をつけてこなかったアイドルグループのメンバーに「順位」
という残酷なまでの競争原理を持ち込むことで、メンバー同士の切磋琢磨、
そしてそこから派生して、ファンサービスへのフィードバックが行われます。
解り易く言えば、自分の順位を上げるためにも、ファンへの対応にも力を入れる、ということです。

これまでのアイドルグループというのは、プロデューサーの戦略や思惑のため、
特定のメンバーだけが注目(贔屓?)されたり、明らかに人気のある人がセンターを取れない、
といったことがまかり通ってきた部分がありました。
しかし、AKBに関しては、或る意味非常にフェアな順位付けということが行われています。
つまり、多少システム上の不満はあるものの、ファンは安心して推しメンを応援できるのです。
これが、「数量化」の最大のメリットではないでしょうか。

多少理屈っぽくなりましたが、この「可視化」と「数量化」の原則を変えないことで、
AKBは屈指のアイドルグループにのし上がっていったと自分は確信しています。
努力と結果が中々結び付かない今だからこそ、人は彼女達にそれを求めるのではないのでしょうか。
彼女達がこの本質を忘れない限り、これからもAKBは躍進し続けることでしょう。

2回にわたり、AKBについて述べてきましたが、皆さんいかがでしたでしょうか?
色々お考えもあるとは思いますが、石を投げずにご笑覧いただけたら幸いでございます。

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


<<昨日同窓会がありまして。 | TOP | 今日はお仕事頑張りました。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tozensousou.blog.fc2.com/tb.php/48-0badd9db

| TOP |

プロフィール

ひろりんちょ

Author:ひろりんちょ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

tozen想カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

プロフィール

ひろりんちょ

Author:ひろりんちょ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。