tozen想//ツレヅレなるままに、その日暮し。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


可視化と数量化とAKB。(1)

【多売特典生写真無し】フライングゲット(Type-A)(生写真1種ランダム封入)(通常盤)【多売特典生写真無し】フライングゲット(Type-A)(生写真1種ランダム封入)(通常盤)
(2011/08/24)
AKB48

商品詳細を見る

今回、ちょっと流行りモノを取り入れてみましょうということで、
AKBですよAKB。(何を今更)
そのAKBの売れてる理由を勝手に考えてみよう、ということです。
石は投げないで。

タイトルにも書いていますが、まず「可視化」。
何を可視化したか、というと、「努力」です。

これまでのアイドルは「努力」を前面に押し出してきませんでした。
まあ、モーニング娘。という例も無いことはないですが、
あれは、プロモーションの一環という一面もありますので、ここでは割愛します。
では、何故、「努力」なのか。

後に述べる「数量化」とも関連してきますが、
AKBの魅力のひとつは「ひたむきさ」であることに異論はないでしょう。
やはり、人間は頑張っている人を応援したくなります。

彼女達の、体調を崩すまでファンサービスを行っている姿には、敬意すら覚えます。
そして、厳しいレッスンや、「総選挙」という競争原理。
そこには、必ず、「努力をする」という姿が見えてきます。

これまでのアイドルというのは何故か、努力をする姿というものは敬遠されてきました。
夢を売るという商売上、キレイに見せるためには仕様が無い部分もあったでしょう。
ただ、そういったところを考慮しても、これまでのアイドルというものは、
なぜか「逆根性論」みたいなものがあったのも事実です。

しかし、逆にAKBはともすると「ドロドロ」に見えるかも知れない部分を、
敢えて曝け出すことで耳目を集めることに成功しました。
アイドルとして、これまでとは違うことをやっているわけではなく、
見せる人たちが方法論を転換することで、まだ開拓の余地があるということを示した好例です。

これはプロデューサーの秋元氏も認めているところです。或る雑誌で氏は、
「歌も踊りも必ずしもトップレベルでない彼女達が何故支持されるのか、それはひたむきに
 やっている姿に感動しているのであって、決してそのパフォーマンスに感動しているわけではない」
といった趣旨の発言をしています。(結構言いすぎな感はしますが)
手前味噌ですが、まさしく、この発言は上記の仮説を裏付けているといっても良いでしょう。

今日は「可視化」について述べさせていただきました。、
次回、「数量化」について述べていくこととしたいと思います。



音楽 | trackback(0) | comment(0) |


<<今日はお仕事頑張りました。 | TOP | ホークス優勝。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tozensousou.blog.fc2.com/tb.php/46-2db06ade

| TOP |

プロフィール

ひろりんちょ

Author:ひろりんちょ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

tozen想カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

プロフィール

ひろりんちょ

Author:ひろりんちょ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。