tozen想//ツレヅレなるままに、その日暮し。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


『バッハの旋律を夜に聴いたせいです』を夜に聴いたせいです。


『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』【初回限定盤】(CD-EXTRA)『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』【初回限定盤】(CD-EXTRA)
(2011/07/20)
サカナクション

商品詳細を見る


そうだ、『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』を教科書に。
何をトチ狂ったかとお思いでしょう。
でも、それぐらいにこの曲は国語の教材としても優れています。

まずは、ここ。
「バッハの旋律を夜に聴いたせいです こんな心
バッハの旋律を夜に聴いたせいです こんな心」
反復法ですね。言葉を印象付ける表現方法です。

そして、次。
「月に慣れた僕がなぜ月に見とれたのはなぜ」
これは、反復法の発展で、音の似ている言葉を使うことで、
さらに言葉を印象付けています。
これは、その後にある、「月に慣れた君がなぜ月を見ていたのはなぜ」なども、
同様ですね。

それから、ここ。
「気まぐれな君の色 部屋に吹くぬるいその色
壁が鳴り痺れるチェロ すぐに忘れてしまうだろう」
これは試験に出ますよ、皆さん。
各節の語尾に注目してみましょう。
「ろ」で終わっていますね。これは、所謂「韻」です。
もっと細かく言えば、「脚韻」つまり、語尾で韻を踏む、ということです。
対義語は「頭韻」です(どうでもいいか)。

何を言いたいかと言いますと、この曲は音楽の構成としても、
非常に優れています。だからこそ、詩としても素晴らしい、
ということをほんの少しだけでも伝えたい、ということです。

消費されるだけでなく、 いいものは残す。
そのためにも、 時には違った角度から評価する。

そんな試みを僭越ながらさせていただきました。では。


音楽 | trackback(0) | comment(0) |


<<ホークス勝ちましたね。 | TOP | 朝夕めっきり冷え込む頃となりましたが。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tozensousou.blog.fc2.com/tb.php/42-28d32ca2

| TOP |

プロフィール

ひろりんちょ

Author:ひろりんちょ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

tozen想カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

プロフィール

ひろりんちょ

Author:ひろりんちょ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。